秋の館林へ

「舟越 桂|私の中のスフィンクス」が開かれている
群馬県立館林美術館へ行ってきました。

若い頃から好きな木彫の作品ですが、美術館での個展という形式で
観るのは初めてのことで、十数体の作品に囲まれる展示室では
人の存在が作るような静かな抱擁感を感じました。

そしてもう一つ、今回初の鑑賞を楽しみにしていたのが
美術館の前庭にある、バリー・フラナガンの「鐘の上の野兎」です。
青空に跳ぶ姿も美しいのですが、黄金色に光る水田を背景に
軽やかに跳ぶ姿は、今の時期ならではの美しさに出会えました。

別館に再現されたフランソワ・ポンポンのアトリエも趣があり
彫刻家の実直な仕事が伝わってきます。
アトリエを囲む樹々も黄色く色付いていて、秋の深まりを感じました。

tatebayashi

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中