青い焼きものと碧い海

お盆休み中に、静岡市美術館で開催されていた『青磁のいま』という展覧会を
見に行きました。
青磁器の歴史に始まり、現代日本の青磁器作家の作品や制作工程が紹介されて
いて、その工程をイメージしながら作品鑑賞ができました。
恥ずかしながら、陶芸を学んだ身でありながら青磁に関する知識がほとんど
なかったのでそこにある情報はとても新鮮で、青磁の奥深さに引き込まれて
いきました。

帰り道、「三保の松原」へ立ち寄りました。
ちょうど日没の時間で人も少なく、松林の向こうに沈む太陽に照らされて
赤く染まっていく空と雲、 深い碧に変わっていく海の色が美しい
静かな時間でした。

celadon

 

 

広告
カテゴリー: note パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中