涼しさを求めて

連日の猛暑から逃げ出すべく、関越道を北上して草津~長野へ。
エアコン要らずの涼しさもさることながら、森の力に癒されました。

旅の折り返し地点、野尻湖では化石の博物館に立ち寄りました。
そこで観た古代から現代までの象と人類の頭蓋骨の変遷。
4万年前と現代の差がほとんど無い象のその形に比べ、人類の変化の大きさは
全く別の生き物のように思えました。
今日まで象や他の動物の何倍もの変化を遂げ、環境に適合してきた私たち人類ですが
この先も変化を続けるのか否か…
湖畔の涼しい風に吹かれながら、そんな未来のことを想った今年の夏休みです。

kusatsu_shiga

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中