パンを焼く

友人から本をプレゼントされたので
久しぶりにパンを焼きました。

こねて、ねかして、窯で焼く。
陶芸の工程に似ているかもしれません。
粉の種類や混ぜる水の温度、ちょっとした事が
出来上がりに大きく影響します。これも粘土とよく似ています。
ただ一つ違うのは、パンは発酵やオーブンの中で
大きく膨らんでいきますが、土の作品はどんどん縮んで
その姿がクリアになっていきます。
どちらも私の手でこねられたモノ同士、今日はめでたく初共演です。

bagel

カテゴリー: ceramic パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中