『SF=すこしふしぎ』の殿堂

先月オープンした藤子・F・不二雄ミュージアムへ行きました。
パーマン、ウメ星デンカ、オバケのQ太郎、思えば物心ついた頃から好きだった
キャラクターたち…美術館行きバスのペイントにはじまって、いっきに童心に返ります。

藤子・F・不二雄氏が語る『SF=すこしふしぎ』に続いた言葉が心に残っています。
『子供が楽しめる空想の世界は大人になっても同じ…』
日頃は忘れてしまいがちな、シンプルな好奇心を思い起こさせてくれる素敵な殿堂です。

広告
カテゴリー: note パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中