展覧会ノート#5

連休中に「ハンス・コパー展」を観に静岡へ行ってきました。

日本では初めての回顧展ということもあって、多くの作品とその人生を知ることが出来ました。

静かな力強さのある作品、落ち着いた緊張感のある作品と制作姿勢は“stoic”という言葉が似合うでしょうか。

展覧会の後「三保の松原」の海岸を散策中、波が作った面白い石を見つけました。
真ん中に白い線の入ったコーヒー豆のような形をした石が、気に入っています。

広告
カテゴリー: note パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中